BtoBサイト制作コラム
2023/11/22

カテゴリー:

製造業ホームページ制作

タグ: SEO

BtoBサイト制作の勘所⑥:製造業のホームページ制作会社の選び方

ニッチな商材が多く、ターゲット企業が特定されがちな製造業は、これまでホームページやマーケティングとは縁遠い存在だったかもしれません。近年は人手不足やニーズの多様化によって、営業DXやターゲットへのピンポイントなアプローチが必要になりました。そのなかで製造業でも、マーケティングやブランディング、採用の効果を重視したホームページ制作のご相談が増えています。
今回はホームページを新たに作成したい・リニューアルしたいと考えている製造業の担当者に向けて、依頼前に考えることや制作会社の選び方をご紹介します。

自社ホームページの目的を明確にする

製造業でホームページ制作を検討する際、まず重要なことは自社のホームページの活用目的を明確化することです。ホームページはただ作って公開するだけでは効果が得られません。企業の戦略や目標に合わせて、適切な機能やコンテンツを充実させる必要があります。以下で主要な目的ごとにポイントをご紹介します。

集客・リード獲得目的か?

ホームページを活用することで新規顧客の獲得が可能です。製造業の企業であれば、自社の製品紹介ページを充実させて問い合わせフォームを設置することで、気になった他社の担当者が質問や見積もり依頼をしてくれることがあります。そのほか、製品カタログのダウンロードフォームを設置することで、見込み顧客(リード)の情報を獲得することができ、営業に活用することもできるでしょう。

このようにホームページを通じて新たな取引先を獲得し、見込み顧客リストを蓄積したい場合、集客力の高い設計が求められます。アクセス数を増やすためのSEO対策に優れた構造や、見込み顧客を引きつける魅力的な記事コンテンツ、効果的なCTAボタンの配置は、見込み顧客獲得のために不可欠です。また、ターゲット層を意識したデザインやページ表示の高速化、モバイル対応など、ユーザーに快適な検索体験を提供することも、リード獲得率を高める要素といえます。

ブランディング・IR目的か?

ホームページは企業価値を高めるブランディングや投資家向けの広報(IR)にも効果があります。ブランディングによって技術や製品、企業そのもののイメージを確立し、認知度が高まれば売上アップも見込めるでしょう。
IRとは、株主や投資家向けに経営状態や財務状況、今後の見通しなどを情報公開することです。情報開示を積極的に行う企業は行わない企業と比較して、株式市場で評価される傾向にあります。そのため、上場企業はもちろん、上場を目指すベンチャー企業にとってもホームページ上でのIRが重要です。

企業のブランドやIR情報を発信する目的でホームページを作成する場合、企業のビジョンや独自性を効果的に伝える必要があります。デザイン面では、企業のロゴや配色を見直してブランドイメージを統一。コンテンツ面では、企業の理念や業績、戦略、SDGsの取り組みなどを明確に伝えることが、それぞれ効果的です。これらの情報発信は投資家やステークホルダーに対し、信頼性を高める効果があるため長期的な関係構築にも貢献します。

採用目的か?

就活生や求職者に対して、自社の理念や業務内容などを発信するページは採用サイトと呼ばれ、毎年専用の採用サイトを制作する企業もあります。人手不足や後継者不足が深刻化し、製造業においても求人サービスに掲載するだけでは応募されにくくなっています。そのため、自社でも採用サイトで先輩社員インタビューを載せる、社長メッセージ動画を公開するなど、同業他社との差別化を図る企業が増えているのです。

採用を目的とするホームページは、就活生にとって知りたい情報を掲載することが求められます。ホームページ上に企業文化や採用後のキャリアパス、福利厚生、社員の声といった情報を充実させることで魅力度は増すでしょう。特定の資格・スキルを持つ人材を募集する製造業の場合は、キャリアアップや資格取得に対する企業の支援内容、業界全体と比較した働きやすさなど、求職者が重視する要素を前面に出すことが重要です。
また、直感的に企業イメージを理解できるデザインや採用プロセスの簡潔な説明を盛り込むことで、応募者数増加につなげることができます。

このように、ホームページの活用目的は複数あり、それぞれ掲載すべきコンテンツ内容や機能、サイト構成が異なります。また製造業特有の用語や業界知識をわかりやすく伝える必要があるため、ホームページ制作を外部に依頼することが効果的です。
目的に応じて製造業に特化したホームページ制作会社を選ぶ際には、必要なコンテンツの制作実績や自社の分野の専門知識を持つ会社かどうか確認しましょう。目的に適した専門性と経験を持つ会社を見極めることで、ホームページ制作の失敗を防ぐことができます。

続いて、制作会社の専門や強みをどのように見極めるべきか紹介します。

ホームページ制作会社の強み・特徴を知る

ホームページ制作会社を選ぶ際には、その会社の持つ特色や強みを理解することが重要です。製造業に特化した制作会社の選定においては、以下のような強みを持つ企業かどうか確認すると良いでしょう。

HP制作会社の強み①:マーケティングに強い会社

SEOでアクセス数を増やす、ブランディング方針を決定する、応募者数を増やすといった目的を達成するには、一定のマーケティング知識が必要です。ホームページの制作スキルだけでなく、マーケティング支援にも対応しているかは重要な要素といえます。製造業の場合は、企業の担当者向け(BtoB)施策がメインになるため、ターゲットの選定と効果的なアプローチが鍵になるでしょう。

マーケティングにも知見があるホームページ制作会社は、目的を達成するための戦略設計を提案することが可能です。例えば、ターゲット市場の分析や見込み顧客の購買行動の可視化、競合サイト分析など、Webマーケティング全般の知識を活かし、成果を最大化するためにすべきことをコンサルティングします。そのほか、SEOやSNSとの連携、メールマーケティングなどのデジタルマーケティング施策も得意としています。これらの業務に対応可能かどうか、または自社の目的達成には何をすべきかを相談し、納得できる回答があるかどうかで選ぶのもおすすめです。

HP制作会社の強み②:マーケティング+製品理解・原稿作成までできる会社

マーケティングの方針に沿ってホームページのテキストや記事コンテンツを制作することは、戦略設計と異なるスキルが必要です。製造業の営業担当者など、技術者でない人に製品の魅力や仕組みをわかりやすく伝えるには、制作会社側にもある程度の業界知識が求められます。製品やサービスの詳細な理解を持ち合わせ、それを効果的に伝えることができる制作会社は、製造業にとってブランディングや採用コンテンツの配信といった面で大きな価値をもたらします。

制作会社の担当者が製品の特徴や利点、応用例などを理解し、魅力的で理解しやすいテキストや記事コンテンツとして表現できるかどうかは、制作実績を調べることである程度把握可能です。自社製品と専門性が近い制作実績があるか、制作したホームページやLPなどは説得力のある原稿かどうか、専門用語を使った記事もわかりやすいかといった項目をチェックしましょう。

HP制作会社の強み③:クリエイティブに強い会社

ホームページのデザインや掲載する画像といったクリエイティブの品質は、特にブランディングの成果に影響します。人間の五感のうち、視覚情報は全体の8割を占めるといわれており、クリエイティブのイメージが企業価値のイメージに直結するといっても過言ではありません。独自性のあるデザインや革新的なアイデアを用いたホームページは、ブランドの魅力を高めます。製品イメージやブランディング方針に合ったデザインを実現できれば、コストを抑えたブランディングも可能になるでしょう。

独自性や革新的なクリエイティブを重視した制作会社の場合は、最新のデザイントレンドを取り入れているか、オリジナルのデザイン・動画を制作できるかを確認しましょう。一方、製造業の場合はBtoB向けが多くなるため、信頼感を醸成するデザインにも需要があります。信頼感のある配色や画像選定が可能か、問い合わせまでわかりやすいユーザーインターフェース(UI)を設計できるか、といった要素を確認することが重要です。

HP制作会社の強み④:価格勝負の会社

ホームページの制作費用は20〜100万円といわれており、金額に幅があります。この金額は一般的なホームページの費用で、オリジナルのデザインに凝ったサイトの場合は200〜300万円になることもある一方、最低限の情報を掲載した採用サイトは10〜50万円で対応可能なこともあります。製造業の場合は製品開発や研究に予算がかかることが多く、広告費に予算をさけない企業が多いです。予算に制約がある場合や、コストパフォーマンスを重視する企業にとっては、価格面で競争力のあるホームページ制作会社は魅力的といえます。コストを抑えながらも必要な機能やデザインを実現できるでしょう。

これらの制作会社はデザインテンプレートを使用することで、低コストかつ高品質なホームページを提供しており、費用感の問い合わせをする際に価格の希望を伝えることで対応可能か判断してもらえます。また、小規模なビジネスやスタートアップ企業向けの価格プランやパッケージも提供していれば、低コストで目的を達成できる可能性が高まります。ホームページやLPを調査して探すことは、価格勝負の制作会社を探すコツといえるでしょう。

紹介した4つの強みについて、ホームページ制作会社を見極めることで、製造業のビジネス目的に沿った最適なパートナー選定が可能です。自社の目的や戦略に応じて、必要なコンテンツを適切な予算内で作れる制作会社を選択することが、効果的なホームページ制作への重要な一歩となります。選定の際はホームページ制作会社がリストアップされている「まとめページ」などを参考に探します。5〜10ほどのまとめページを参考に、実績や強みが一致する会社を選び、順に問い合わせをするのがおすすめです。

製品・市場を理解し、集客・リード獲得に強いホームページ制作会社ならアドミューズ

この記事では、前半で自社のホームページには「集客・リード獲得」「ブランディング・IR」「採用」といった目的があることを紹介。後半では、「マーケティング戦略」「原稿制作」「クリエイティブ」「価格」といったホームページ制作会社にある強みと見分け方を紹介しました。製造業においては、どの目的でホームページを作る際にも、ターゲット市場が細分化される傾向にあります。制作時には、適切な戦略設計や原稿・クリエイティブの制作などマーケティングを重視する必要がありますが、予算が限られている場合も多いため、制作会社の選定がポイントになるでしょう。

株式会社アドミューズでは、製造業向けのBtoBサイト制作サービスを提供しています。企業の営業DXが推進される昨今、自社製品の魅力や特徴をわかりやすく伝えるホームページの重要度が増しています。
アドミューズには約20年培ってきた製造業分野での制作ノウハウと実績があり、製造業ならではのニッチ製品でも対応可能な点が強みです。予算が限られる場合、まずはSEO対策による集客をおすすめしております。その後、ナビゲーションの改善や、競合製品に対する優位性のアピールなど訴求力を強化することで、集客したユーザーを育成し、見込み顧客獲得につなげる施策を実施します。

また、製造業ホームページだけではなく、業界のプロモーション全体を熟知したコンサルタント・ライター・デザイナーをはじめとする経験豊富な制作チームが対応にあたります。製品・市場を理解しニッチな商材の魅力を引き出すホームページ制作も可能。集客や見込み顧客の獲得に適したコンテンツ制作もいたします。
「商品の魅力が伝わらない」「問い合わせ数が伸びない」といった課題をお持ちの担当者様は、弊社所属のBtoB専門ライターがサポートいたしますので、ぜひご相談ください。

ご相談はこちら

他のおすすめ記事

お問い合わせ・資料請求

お問い合わせ
資料請求